とある独身女の日常

アラフォーの独身女、保育士再就職したものの、なんだかブラック。

雨の日に考えるコト

雨で、一日引きこもっていたので、

ぼーっとテレビを見ていたら、ポツンと一軒家の再放送を

やっていました。

山奥で暮らすのは、連れ合いを亡くされたおじいさんや、

おばあさん。一人だけど、長年住んだお家で暮らしてて、

時々、子どもや孫やひ孫の集まる憩いの場になる。

そのおじいさんやおばあさんが生を終わるのは

もうそう遠くないんだろうけど、

そこで、例えひっそりと亡くなったとしても、

きっと家族が見つけてくれるだろうし、

幸せな終わり方だよね。

独身の私は、いずれは…やっぱり孤独死なんだろうな…と

やっぱり漠然と考えてしまう。

あまり長生きはしたくないよなと思うけど、

そんなことはわからない。

老後は2000万足りないらしいし…

老後のために今が犠牲になるのもおかしい話だし、

終わり方ってやっぱり考えてしまう。雨の日の午後。